転送電話サービスに課題を抱える個人事業主の方必見!

「転送電話サービス」と「スマホで固定電話が使える固定電話サービス」の比較

以前にこちらの記事「転送電話サービスの課題を解決する方法」でボイスワープなどの転送電話サービスの課題と、その課題を解決できる「スマホで固定電話番号で発着信ができるサービス」を紹介しました。

この記事では各サービスを比較してみて、各サービスのメリット・デメリットを整理してみたいと思います。「スマホで固定電話番号で発着信ができるサービス」は、株式会社グラントンが提供している「03plus」を比較対象にしています。

比較項目は以下になります。

  1. 外出先でも固定電話番号宛の着信に出られるか
  2. 着信時の転送料(携帯電話番号宛に転送した場合)
  3. 転送のON/OFF設定
  4. 折り返し電話の際の発信元番号
  5. 転送元の固定電話回線の契約・工事
  6. 複数端末での着信
  7. まとめ

それでは、順にみていきましょう。

1. 外出先でも固定電話番号宛の着信に出られるか

転送電話サービス スマホで固定電話番号が使えるサービス
NTT
ボイスワープ
  楽天コミュニケーションズ
モバイル03電話番号転送サービス
Karigo
Toones転送電話
グラントン
03plus

これは勿論、「転送電話サービス」も「スマホで固定電話番号が使えるサービス」も全て外出先での固定電話番号宛ての着信をとることができます。

「スマホで固定電話番号が使えるサービス」の03plusは電話転送のサービスとは仕組みが異なり、スマホにインストールした”固定電話番号専用アプリ”でダイレクトに着信します。だから外出先でも、インターネット回線に接続されてさえすればどこでも固定番号宛の着信をとることができます。

この仕組みの相違が、特に後述する2と3で大きなメリットを生み出します。

2. 着信時の転送料(携帯電話番号宛に転送した場合)

転送電話サービス スマホで固定電話番号が使えるサービス
NTT
ボイスワープ
楽天コミュニケーションズ
モバイル03電話番号転送サービス
Karigo
Toones転送電話
グラントン
03plus
16円~17.5円/1分 15.9円/1分 18.6円/1分 0円

転送電話サービスは転送料が発生するため、転送された電話にでると通話料が発生しますが、スマホで固定電話サービスの「03plus」は1で述べたように「スマホアプリにダイレクトで着信」するため、そもそも転送料というものが発生しません。もちろん着信料もかかりませんのでどれだけ電話に出ても通話料はかかりません。

ちなみに携帯電話に転送した場合の転送料金は「固定電話→携帯電話」の通話料となりますので、ボイスワープの場合ですと大よそ「17円/1分」となります。 1日の中で転送着信が5回あって1回あたりの通話時間が5分だったとすると、17円×5分×5回で転送料金だけで425円になり、1カ月間(20営業日)では、450円×20日で8,500円にもなる計算になります。

03plus」は転送サービスではなく、スマホのアプリにダイレクトで着信する仕組みなので、もちろん着信料は0円です。

3. 折り返し電話の際の発信元番号

外出中に転送電話がかかってきた際、どうしても電話に出られないケースがありますが、大事なお客様からの電話の場合はなるべく早く折り返し電話をする必要がありますよね。その際、折り返しの電話番号には大きな違いがあります。

転送電話サービス スマホで固定電話番号が使えるサービス
NTT
ボイスワープ
楽天コミュニケーションズ
モバイル03電話番号転送サービス
Karigo
Toones転送電話
グラントン
03plus
携帯番号から 携帯番号から
※別途契約(月額1,500円)で
固定電場番号からの発信が可能
固定電話番号から
※利用条件あり
固定電話番号から

ボイスワープで転送電話を携帯電話で着信した場合、当然折り返し電話も携帯電話からとなります。

しかし「03plus」は固定電話専用アプリで着信、折り返し電話も専用アプリからの発信となるため、固定電話番号から折り返すことが可能です。

また、転送電話サービスでも「モバイル03電話番号転送サービス」は別途オプション申し込み(月額1,500円)をすれば固定電話番号からの発信が可能となり、「Toones転送電話」は「アクセスコード + 通話先の電話番号」とダイヤルが必要だったりその他にも利用条件がありますが固定電話番号からの発信が可能となっています。

「折り返し時の発信元番号が携帯か固かの違いだけ」と言ってしまえばそれまでですが、これが意外に大きな違いを生み出します。

  • ボイスワープ(携帯電話番号からの折り返し)の場合

→折り返し先の相手が自分の携帯番号を登録していない場合、「知らない番号からの着信だ」となるため相手に電話に出てもらえない可能性がある

 

  • 03plus(固定電話番号からの折り返し)の場合

→折り返し先の相手が「自分がかけた電話番号からの折り返し電話だ」と気付きやすいので、携帯番号に比べて電話に出てもらいやすい

 

携帯番号から折り返しても、相手がすんなりと電話に出てくれればいいですが 「見知らぬ携帯番号からの電話には出ない」という人も結構いるため、連絡のやり取りがスムーズにいかず、思わぬ機会損失につながる可能性があります。

一方、固定電話番号からの折り返しなら、相手が自分の固定番号を登録していなかったとしても「さっき自分がかけた電話番号からの折り返し電話だ」と気付いてもらいやすく、折り返し電話での連絡やり取りがぐんと円滑になります。

4. 転送のON/OFFの切替設定

転送電話はその都度ON/OFFの設定が必要なため、ここでも「スマホで固定電話サービス」と違いがうまれます。

転送電話サービス スマホで固定電話番号が使えるサービス
NTT
ボイスワープ
楽天コミュニケーションズ
モバイル03電話番号転送サービス
Karigo
Toones転送電話
グラントン
03plus
その都度切替が必要 その都度切替が必要 その都度切替が必要 切替不要

「事務所にいるときは固定電話で出る」という方が転送電話サービスを利用する場合、外出する際には転送の開始、事務所に戻ってきたときは転送の停止と、その都度転送のON/OFF切替の設定が必要となります。

外出する頻度があまり多くない方はいいのですが、不動産業・士業・コンサル・クリエーター・営業職などなど、外出する頻度が高い業種の方の場合、毎回毎回その度に転送設定の切替する必要がありかなり面倒です。うっかり転送設定を忘れたまま外出してしまい大事な電話を取り逃したなんて経験がある方もいるのではないでしょうか。

一方、スマホで固定電話サービスの「03plus」は、事務所でも外出先でもアプリでダイレクトで着信するため、そもそもON/OFFの切り替えという概念がないので、いつでもどこでも大事な着信を逃しません。

また、営業時間外や休日など仕事用の電話を鳴らしたくないという場合は、スケジュール設定をして時間外応答のメッセージを流すことも可能です。

5. 転送元の固定電話回線の契約・工事

転送電話サービス スマホで固定電話番号が使えるサービス
NTT
ボイスワープ
楽天コミュニケーションズ
モバイル03電話番号転送サービス
Karigo
Toones転送電話
グラントン
03plus
回線契約・工事が必要 不要 不要 不要

NTTのボイスワープのみ転送元となる固定電話番号=回線の契約、工事が必要になります。

フレッツ光回線を既に契約している方なら新たに電話回線を契約すると3,000円~11,000円程度の料金がかかります。同じ転送電話サービスでも「モバイル03電話番号転送サービス」と「 Toones転送電話」は回線工事は不要です。

また、 スマホで固定電話サービスの「03plus」はもちろん回線込みのため工事費用がかからず、初期費用を抑えることができます。

回線工事は申し込みから工事日まで最低でも2週間以上はかかりますから、工事不要で固定電話番号を取得できるというのは、特にこれから開業を考えている方にとっては大きなメリットです。

6. 複数端末での着信

転送電話サービス スマホで固定電話番号が使えるサービス
NTT
ボイスワープ
楽天コミュニケーションズ
モバイル03電話番号転送サービス
Karigo
Toones転送電話
グラントン
03plus
× × ×

転送電話サービスは、着信した電話を1つの電話番号にしか転送できません。

例えば3人の会社で固定電話を設置し、社長さんの携帯電話に転送設定をしていて3人が全員外出している場合、社長さんが転送された電話に出られない場合、他のスタッフは電話を取ることができないため、機会損失のリスクをはらんでいます。

しかし「03plus」は複数人で同時に着信することが可能なため、社長さんが電話に出られないシチュエーションでも他のスタッフが電話に出ることが可能です。

また、「03plus」は固定電話機とスマホアプリを併用し鳴り分け設定も可能なうえ、社員がでた電話を保留して外出中の社長のスマホに転送するといったことも可能です。

7.まとめ

このように「外出先でも固定電話宛ての着信に出たい」というニーズに対して、NTTボイスワープなどの電話転送サービス以外でも、03plusのような「スマホで固定電話番号が使えるサービス」でその目的を果たせるうえ、さらに「転送料(着信料)無料」、「固定電話番号から折り返し可能」、「ON/OFFの切替不要」、「複数人で着信可能」など、転送電話にはない大きなメリットがあることが分かります。

最後に「転送電話サービス」と 「スマホで固定電話番号が使えるサービス」の各サービスの料金や提供エリアなどの基本項目についての比較表となりますので、是非参考にしてみてください。

  • 転送電話サービス」と「スマホで固定電話が使えるサービス」の基本項目比較表
項目 転送電話サービス スマホで固定電話
使えるサービス
提供会社/
サービス名
NTT
ボイスワープ
※ひかり電話契約者の場合
楽天コミュニケーションズ
モバイル03電話番号転送サービス
Karigo
Toones転送電話
グラントン
03plus
URL http://web116.jp/shop/annai/sin/sinki_00.html https://comm.rakuten.co.jp/houjin/asterisk/area/ http://tensou.toones.jp/ http://03plus.net/office/
工事費・初期費用 2,000円 1,000円 2980円 0円
※年払いプラン申し込みの場合
基本料金 500円 1080円 998円 980円
着信時
転送料
固定電話宛 8円/3分 8円/3分 9.3円/3分 0円
携帯電話宛 16円~17.5円/1分 15.9円/1分 18.6円/1分 0円
発信時
通話料
固定電話宛 8円/3分 8円/3分 12.73円/30秒 20円/30秒
※かけ放題:1,000円/月(1通話10分迄)
携帯電話宛 16円~17.5円/1分 15.9円/1分
対応エリア 全国 東京03、大阪06エリア 全国7の市外局番エリア 全国主要47の市外局番エリア
利用開始までの目安 最短4営業日 約5営業日 約2営業日 最短10分
※発信は約3営業日で利用可能

「スマホで固定電話番号が使えるサービス」については、以下の記事で03plus以外のサービスを含めさらに詳細な比較をしていますので、興味がある方は是非参考にしてみてください。

スマホで発着信ができる「最新型」の固定電話サービスの比較